次世代ビジネスモデルは
ビッグデータとSNSで
スタート

E-KNOWHOW METHOD

ネット戦略を進めるにしろ、新規事業を立ち上げるにしろ、業務の見直しにするにしろ、そのベースにはどういったビジネスモデルに持っていくのかということが必要になります。さらにそのビジネスモデルを決めていく中でビッグデータを使った数字ベースの分析が必要で、さらにSNSの活用がキーになります。

 

売上データだけでは顧客の全体像は分からないものです。それは、検索する人のほんの数パーセントだからなのです。

 

ほんの数パーセントを購入顧客だけを相手にしていたのではビジネスの拡大は無理です。残りの層のデータをどう読み解くか?それがビッグデータ解析の役割でもあります。しかもその層にアプローチするにはSNSが必須なのです。

 
  • 01
  • データ解析の重要性

社内外のデータ+ネット関連データをマージすることで今までとは違った結果が出せる可能性あり

今までの分析データはほとんどの場合社内データが中心です。社外のデータがあったとしてもコーザルデータや他社の情報みたいなものが中心です。例えば物販系であれば、最近は誰でも買う前にスマホで検索することをしていますから、そこから選択して実際に店舗にきて買う人は、最初の検索する段階から見ると数パーセント以下です。つまり今までのデータはその数パーセントをもとにいろいろ決定していたわけです。だから誤差が大きかったということです。それを少しでも解消する方法を提案して実際に分析してみるということです。

データをピボット処理したぐらいでは、数字を整理しただけのレベルです。やはり統計ソフトなどを駆使して分析しないとわかりません。

やはり統計ソフトなどを使って今まで発見できなかったことを発見しないとデータの意味はありません。様々な角度から分析して今までにない発見を提案します。

  • 02
  • データからどうマップ化するかがビジネスモデルを構築する方法です。

データを元にどこまで徹底討論できるかが、大きな決め手です。

データがすべてを決定するわけではありません。データを読み込んだ後は、とにかくディスカッションが大事です。その時のディスカッションで何種類もマップ化を行うことになります。

ビジネスモデルにするには、マップに担当とスケジュールや目標と評価時期を決め込んでいくことです。

ビジネスモデルは実行していくらです。もちろん進めていく中で相当な修正が出ますが、まずはスケジュールなどの必要事項を併記することで前委に進むスタートラインに立てることになります。そのあとは定期的な評価と修正の繰り返しですね。

  • 03
  • SNSの重要性

スマホで販促は大きく進化しました。今までの紙物は全く効果ないかもです。同時にマーケティングの手法も変わったことになります。

今時カタログやDMや雑誌広告に相当な予算を割いているところはないと思います。効果がないからです。ほとんどの世代で情報をとるのはスマホ+PCです。特にスマホの時代になってSNSの重要性が大きくなってきました。例えば「グーグルで検索して、SNSで評価を検索して、ポイントのたまるECで購入する」ということが普通です。そこには今までの紙媒体等はないのです。と、同時にマーケティングの方法も全く変わりましたね。

 SNSのマーケティングや販促は時間がかかるモノです。つまり継続が全てなのです。

ネットだからといってすぐに成果が出るということはありません。リアルよりも時間はかかるでしょう。しかもユーザーの動きはネット上ですからなかなか把握しにくいものです。ですから何を行う場合にも継続できるかどうかにかかっていると思います。成果が出ないからやめるというレベルでは永久に効果は出ません。

その他様々メニュー

もともとはリアルの営業や販売のコンサルだけでなくチェーン型・個店型の運営支援がメインだったので、単にネットだけをやってきた会社とはまったく一線をきするのです。

次世代営業支援・販売支援をネット・リアル視点で支援。メインは営業研修という従来型の手法ではありません。

リアルの営業支援や販売支援を長年やってきたからこそ、今の時代に要求されるネットとリアルとの併用型の次世代の営業の仕方や販売の仕方が支援できます。不振店舗の改善、不振取引先の支援、顧客の発見、不振商品の消化支援などが支援のメインです。いままでの営業に営業研修やはっぱをかけて何とかする方法とは全く違います。

店舗運営の改善歴は30数年以上です。チェーンストア型・繁盛店型・リミックス型どれでも可能のです。

リアルの店舗運営はノウハウを活用した方が早いです。さらに店頭現場からの改善と数字から見た改善をしっかり行っていくことで、確実に変わって行きます。同時に仕組みとしての見直しもここんところ最も優先改題かもしれません。

オムニチャネルを実際に行うにはネットがコンサルできてリアルの実践感があることが必須です。

オムニチャネルはシステムの導入ではありません。在庫を統合すればいいというわけでもありません。どう空中戦・地上戦を使ってリーチしていくかですが、そこには店頭ショールーミング化するという単純なものでもありません。すでにお客様は双方のチャネルと使って買っているわけですから、そこに情報を届け購入決定してもらうような手法を作り出す必要があるのです。

 

AIの浸透で、
今までの企業と顧客の在り方が大きく変わってくるでしょう。

いくら業務改革を進めてもそれで次世代型ビジネスモデルに行くことはありません。まったく違う次元でのアプローチが必要です。

まずはビッグデータ分析で概要を把握
ビジネスモデルを想定したうえで、ネット戦略としてSNSをフル活用ということです。

 



我々のやり方は非常に独得です。ほとんどのノウハウが独自開発だからです。しかも自分たちですべて試行錯誤で実践してきたことばかりだからです。

要は仕事を頼んでもどこかに振るということが出来ないということなのです。すべて内製なんですね。



ネット系の仕事の依頼がくるとほとんどのクライアントはリアルの成果とはまったく違ってすべて数字で出せるでしょうといいますが、たとえばSNSのフォロー数なんて多ければいいというわけではないのです。

有名ブランドのSNSのフォロワーが多いのは当たり前ですね。有名だからとにかくフォローしとこうかということです。無名アカウントでは配信コンテンツの内容がよければそれなりにフォローは集まりますし、その数は有名ブランドのフォロワー数の何倍も価値があるのです。



キュレーションやSNSを使えばすぐに効果が出るかというように期待されるかもしれませんが、それは無理です。急に増やしたフォロワーなんて急に減るか効果がなくなるものなのです。

ネットだから早いというのはまったく違います。逆に遅いと思ってください。

株式会社イーノウハウ

大阪弁のええのうはうを英語にすればイーノウハウです。
CEO 明瀬隆郎(あかせたかお)
事業所 東京アキバ
お問い合わせはすべて問い合わせフォームからお願いします。

すべて年間契約です

単発ではほとんど成果が出ないからです。
一部半年の契約の形態もありますが、基本年間契約です。最初の1ヶ月は初期調整やディスカッションによる調整や準備期間でかかります。実稼動は契約スタート後2ヵ月目くらいからです。

よく販促的な発想でいくらかけたからいくら売り上げが伸びるか?という発想ですが・・・。

実際にはリアルの販促でもその費用対効果の計算は非常に不透明です。
同様に我々のワークもそれでいくら儲かるのですか?とよく聞かれますが、我々のワークだけでいくら上がるということはなかなか明確には出来ません。どのケースでもその商品の強さ、リアルの方々の動き、競合との関係、全体のマーケット、個別のマーケットと関係で大きく変わってくるからです。それほど簡単なものではないと思います。