AIとビッグデータによって確実になくなる縮小する職業は見えてきます。

といってもデータの分析を継続的に行う必要があります。


その時の様々な情報によって分析結果が変化するのがこの分析結果のいいところですが。毎月定期的に分析をしていくとこういう職業は将来的には縮小なんだなというのが見えてきます。

今どきアンケートでもグループ面接でもないでしょう。ビッグデータ分析コンサル

この手のマーケティングは全く持って母数が少ないのです。消費者ニーズを調査するのに母数が数千では全く話になりません。せめて何百万かないと。そういった点でも我々のビッグデータ分析コンサルの手法は問題ありません。
とにかく今までのマーケティングは真剣にやればやるほど莫大な費用と時間がかかるものです。例えばネットでうまくネットで結果を集めることができればいいですが、そうでなければアンケート用紙を回収してというのでは、母数も回数も非常に限られたことになります。母数を増やせば、回数は年に数回なんてこともありうります。そうなるとアンケートを初めて結果が出るまで半年なんてこともありうることになります。これでは即応性はありません。

スピードでしょう。。。。。

検索する量が少なければ毎日でも可能です
マーケティングの基本は複合キーワードです。キーワード数が数万なら毎日でも結果を出すことが可能です。つまり時系列の変化がわかるということです。ネットを使うわけですから、そう毎日の機敏な変化は出ませんが、週1回でも取ればそれはまた違った分析が可能になります。

気分というのがなかなかおもしろいのです。。。。

極端な話サービスインしていないものでもマーケティングできます
最近の検索結果はAIのおかげでいろいろなことが検索できます。それを生かして様々な組み合わせの検索をすることで、今までなかなかあり得なかったことがわかるようになるのが面白いのです。今までのマーケティングの範囲を超えています。

山カンも大事だがやはりビッグデータ分析による裏付けがあればさらに確実

データは過去の数字でしょ?といって実際に数字を見てもわからない人が多数いますが、、、、
明日から全取引先がすべて変わるわけでもないし、売っている商品がすべて全く違う分野の商品になることはないことぐらいは誰でもわかると思います。ということは、今までの経緯と因果関係を明細に調べれば、ある程度の予測はつくのです。それが数字です。あくまで過去の結果でしょ?といって数字を否定する人は多数いますが、それはその方々が数字の分析ができないだけの話で、それをさらに実際にアクションプランにもっていけないだけの話なのです。経営は、多数の人がたずさわっています。誰かの思い付きで行うものではありません。たとえ思い付きがあってもそれを裏付けるビッグデータ分析は必要なのです。その時に必要なのは、我々のようなデータをとことん使った分析なのです。

どのよう分野でも解析はできます。一見数字にできないものでも。。。。。

それはどういった手法で分析をすることができるのかを発見できれば、そこには有効な分析結果が登場します。
分析するために使う手法は、これはっきり言って右脳で考えます。どういった説明要因をどう組みお合わせてそこに優位性を見つけられるかどうかも、これ右脳ですね。ある程度現場が見えているとそれは早いもんなんです。これをこなせる人材が当社にはいます。

販売データもSNSのデータも一緒に分析するということですね。。。。

これはなかなか面白い結果が出ます。今までのベテランでも全く気がつかないような仮説が出ます。
数字は数字です。1は1です。そこには絶対性があります。ベテランのいいところはその勘です。若い人のいいところは斬新な発想かもしれません。そのどちらをも融合させながら、数字で判断しながら融合させていく。その時の判断基準は????数字があればわかりやすいですね。そのベースを作るのがデータ分析なのです。