フェイスブック、ツイッター、ライン、各種メッセンジャーなどなど

WEBサイトの重要性の位置づけは変わりました。これからはどう見てもSNSの活用が最重要です。
スマートフォンが手元に来た段階から、パソコンで見る検索するという機会が相当減りました。当然画面は小さいわけですから、情報量は相当少ないのです。さらに検索自体も数ページスクロールするのが限度という状況のなかで、それを補完する働きをSNSを使って相手に情報をプッシュするということになってきたのです。WEBやブログは受け身ですが、SNSは基本プッシュなので企業としては非常に使いやすいツールといえることになります。ただ、その効果を上げる方法をほとんどの企業がよく理解していないということです。特に社内でちょっと詳しい人間にSNSなどを担当させているようなレベルでは、個人で詳しい人間に勝てるわけはなく、この段階で大手企業と個人との差がほとんどなくなった。。。いや下手すると個人に負けるという現象になってきているのです。

ネット系の会社だったらとかSNSのコンテンツを作っている会社だからと言って活用に詳しいとは限りません。

SNSは自分でどこまでやっているかによってそのノウハウは全く違います。
実際にツイッターで複数アカウントやっていて、フォロワーが10万人ぐらいいるとか、フェイスブックで毎日コンテンツを配信しているとか、フェイスブックグループなどを複数やっているとか、インスタグラムやピンタレストを実際にやっているとか。。。。。などの会社や個人にノウハウ支援をしてもらった方がいいと思います。実際に苦労してやってみないと、現実的なヒントは取れないでしょう。

SNSも使い分けですし、同時に複数アカウント運営しないとほとんど効果ないです。

当社はマーケットターゲット別に数百のツイッターで毎月1万人のフォロワーを増やしています。
最初は徹底的に必要そうな層に必要な情報を流すことから始めます。これをまず徹底的に行います。たとえば、ツイッターなどの場合、何でもかんでも一つのアカウントですべてカバーすることはできません。ターゲット別の複数のアカウントを使って戦略的に毎日数百の情報を流していくことを考えます。そこらへんは、アマゾンキンドル版で、「SNS的営業手法」「SNS的営業手法 応用編」でもう少し詳細を書いてますので、ちょっと読みにくいですが購入していただくと多数のヒントが書いてあります。。ってまるで宣伝してしましましたが。。

まずは社内で担当者を中心にSNSを使ってコミュニティをどうすれば作れるのかを体得することからはじめます。

まずはフェイスブックとツイッターを使ってどう情報を拡散するのか、囲い込むのかに慣れます。
最初は、コンテンツの投稿だけでも大変ですが、慣れてくるとだんだん投稿することに慣れてくるものです。次のステップでは、どういった方にフォローしもらえばいいのか、読んでもらえばいいのかを想定して、そのフォロワーを増やすことに挑戦します。
さらにSNSだけでなくサイトなどとの連携も行います。これをある程度つづけていくと、フォロワーが少しずつ増えてくると思います。その増えてくる感じがわかるようになってくると、どういったコンテンツが望まれているのか、ふぉろw-亜以外の方々のニーズもどういった方法でつかまえることが可能なの課などもわかるようになってきます。
もちろん結構時間がかかるかもしれません。中には、時間が無いと言って逃げることもあるでしょう。もともと得意じゃないのねと言っている人もいますが、それは食わず嫌いに近いものです。ある程度の規模になってくると、コミュニティを作っている実感がないままに、はたから見ればコミュニティが出来つつあるという状態になってきます。そこまでくればあとは継続あるのみです。
販促と同じように考えている人も多くますが、SNSのいいところは継続すれば必ずフォロワーが伸びるということです。リアルの販促のように経費を使った時は何か効果があるように感じられて、やめれば元の木阿弥というようなことにはなりません。普通に継続すれば、ますますフォロワーは増えてくるのです。